フリーランスとして選ぶ仕事とは

会社に縛られる生活から独立したい、そう考える人は多くいます。

けれどもどんな仕事をすれば良いのかわからないという人もまた、多いものです。まず最も簡単にフリーランスとしてできる仕事がライターです。


特にクラウドによる仕事が普及してからは、豊富に案件が提供されています。



そして特に資格も必要なく、開業資金も不要となることから簡単に始めることができます。

種類も手軽に行えるウェブライターやアフィリエイト、ブログの記事の代行など様々なものが用意されています。

収入は人それぞれ違いますが、多い人では年収1000万円以上になります。

そして技術系で多いのがITエンジニアです。

ある程度経験を積んで技術を磨いてから独立する人が多い職業です。

システムエンジニアやインフラエンジニアなどがあります。


システム開発業界は案件も豊富なので、仕事に困ることは少ないものです。



技術力に応じて年収も異なりますが、フリーランスとして働く人の数%は年収が1000万円を超えるとされています。

そして注目されているのがエンタメ系です。まだ仕事として確立されたものではありませんが、高い収入を得る人が出ていることから人気を集めています。



動画投稿による広告収入などが主な収入源となります。
その他にもフリーランスには様々な仕事がありますが、それぞれに特徴も収入も異なります。
自分に合うものを見つけることが大切ですが、業界としての将来性も考慮することは非常に大切です。