フリーランスで独立する前に

大手企業といえども安心して勤めることができない中で、フリーランスとして独立する人が増えています。


細分化された企業にいるよりも、自分のスキルを自由に高めることができる利点もあります。


けれどもフリーランスとして独立した人が全て順調に仕事を得ているかと言えば、一概にはそうとは言えない現実があります。
半数近くの人が、必要とする収入を得られていないとのアンケート結果があるのです。

そもそもフリーランスで働くということは、自分で仕事を獲得する必要があるものです。



けれどもその仕事を得るためには、技術力などよりも先に信用が必要となります。納期までに必要とする品質のものを提供できるのかどうか、取引先としては懸念するわけです。


かといって独立してすぐには実績が無いので、その実績を作るための仕事を確保することが難しいわけです。



そこで成功している人がどのような手段を取っているかというと、まず独立する前に顧客を作っています。つまり、副業をすることで実績を作り、信用を得ているわけです。

取引を重ねた相手とは独立した後も仕事の依頼を受ける関係であり続けることができます。



このように、フリーランスになるためには周到な計画が必要となります。

またどんな仕事を手掛けるのかにおいても、きちんとリサーチすることが大事です。


ライバルとなる同業者はどの位いるのか、それに対して需要はどれほどあるのかを調べることは基本です。その上で、マーケットの規模は今後広がるのか縮小傾向にあるのかも分析する必要があります。